販路拡大等の取組にかかる経費を補助します

令和3年4月1日より規程を改正し、商談等で県外に出張される際の旅費・宿泊費だけでなく、オンライン商談する際の経費も補助対象となりました。ぜひご活用下さい。

販路拡大等に伴う経費補助申請書 

販路拡大等に伴う経費補助申請書 

 

販路拡大等の商談に係る補助事業規程

(目的)
第1条 この規程は、平田商工会議所会員が販路拡大及び新商品にかかる販路の開拓(以下「販路拡大等」)を目的として、島根県内および鳥取県以外の地域へ出張する場合の旅費・宿泊費及び販路拡大等における必要経費の補助事業について必要な事項を定めるものとする。

(対象者)
第2条 この事業を利用できる者は、平田商工会議所の会員で別紙申請書を事前に提出し、承認を得たものとする。出張・商談及び販路拡大等の取組を終えた者は、旅費・宿泊費及び販路拡大等に要した経費の領収証(コピー)をする。ただし、その合計額が2万円未満および取組回数が複数回になるものは、認められない。 (1回の取組で合計額が2万円以上のものを対象とする)申請内容の確認のために追加資料の提出を求められた場合には、速やかに提出する。

(補助対象経費)
第3条 補助対象経費は、次のとおりとする。
(1) 出張旅費(交通費・宿泊費)
(2)広告宣伝費
(3)オンライン商談に係る見本品等の輸送費及び会場使用料
(4)その他販路拡大等に資する経費

(補助金額)
第4条 補助金額は、出張の人数および行き先に係らず1会員の旅費総及び販路拡大等における必要経費の1/2(千円未満切り捨て、上限1
万円)とし、各事業年度毎に1回とする。

(年間補助金総額)
第5条 年間の補助金総額は、事業年度毎に収支予算で決定する。

(補助金の支出)
第6条 当月分を取りまとめて翌月10日に指定口座に振り込みする。10日が金融機関の休業日の場合は、翌営業日とする。振込みにかかる手数料は、商工会議所が負担する。

(附則)
1.この規程は、令和3年4月1日から実施する。

 

Copyright(C) 2010 HIRATA Chamber of Commerce and Industry All Right Reserved